住宅の省エネ性能は何のため?

エコハウス、省エネ住宅・・・など今やどの住宅会社も「エコ住宅」を標ぼうしています。

我々がアクアフォームを使い始めた10年少し前は、一部のこだわり工務店を除いて大半の住宅会社は省エネ性能に全く興味を示していませんでしたので、隔世の感があります。

しかし、表向き「エコ住宅」と言ってても基準さえ満たせばよいと考えている会社も多く(どちらかと言えばそちらの方が多数派ですが)また数値だけを競うような会社もあってユーザーを混乱させているような気もします。

UA値、ηA値、一次エネルギー消費量にZEH・・・

確かに数値が悪いよりは良い方がいいですが、数値の意味するところが専門的でわかりにくいため、お客様の中には中身よりも「数値至上主義」になってしまってそれだけを並べて比較する方もいます。確かに仕様の異なる住宅会社を比較検討するためには、数値比較はわかりやすいのですが、それで本当に快適な住宅が作れるのでしょうか。

冷静に「何のために省エネ住宅を作るのか?」を考えてもらいたいと思います。

答えは簡単です。

できるだけ安い光熱費で快適な暮らしをするため」です。

今の基準をクリアしている住宅はどれも快適で、光熱費も安くなる!と思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えないので注意が必要です。

ポイントは2つあります。

1つの気密性能です。

気密性能については最新の省エネ基準ではMUST(必須基準)ではなくなりました。

従って気密性能を全く満たしていなくても(つまりスカスカに隙間の空いた家でも)立派なZEH(ゼッチ)住宅にも省エネ最高等級の住宅にもなってしまうのです。

これは本当におかしな話なのですが現実です。

ですから中には「ぜっかくお金をかけて最高レベルのZEH住宅にしたのに、冬寒くて不快だわ・・・」と怒っている方もたくさんいるのではないでしょうか。

感覚的にわかると思うのですが、どれだけ分厚い断熱材が入っていたとしても隙間があって外気がスースーと入ってきたら不快ですよね?温めた空気が外にどんどん出て行っては光熱費も安くなりません。ふかふかのセーターを着てもそれ1枚では風を通すので寒い、風を通さないウインドブレーカーなどと重ね着することで暖かさを感じるのと全く同じ理屈です。

改正前の省エネ基準には、断熱性能(Q値)と気密性能(C値)の2つの要素があって、それが故に「高気密高断熱」という言葉ができたくらい大切な要素の1つだったのですが、なぜか新基準からは対象外となってしまいました。

だから無視しても良いということでは全くなくて(むしろ非常に重要なのですが)、気密の取れていない家(隙間の多い家)は不快な隙間風や底冷え、温めた空気が外に漏れていってしまう=暖房の効きが悪いといった現象が起こってしまい、「名ばかり省エネ住宅」で実質的には全く省エネ住宅にはなりません。

当然ながらトイレや洗面所などはこれまで通り寒く、ヒートショックリスクを防ぐこともできないのです。

必須基準ではないということもあって、多くの住宅会社は気密施工を行っていません。

気密施工は手間とコストがかかるためやりたくないというのが本音なのでしょう。

アクアフォームなら断熱施工と気密施工が同時にできてしまう優れものなのですが、他の断熱材ではそうはいかないからです。

本当にそれでよいのでしょうか??

実態を知っている我々から見ると、気密施工もしないで省エネ住宅だなんてよく言えると思います。

一般的に気密性能は、相当隙間面積を示すC値で表現しますが、1.0㎠以下でないと十分とは言えず、24時間換気も機能しないと言われています。ちなみにアクアフォームで断熱したヒノキヤグループの住宅はC値が約0.7㎠と業界トップ水準です。

もう1つは冷暖房設備です。

どんなに高性能な省エネ住宅でも、日本の気候は「冷暖房設備」なしには快適な生活は送れません。

冬はヨーロッパ並みに寒く、夏は東南アジア並に高温多湿なのが日本の特徴だからです。

冷暖房設備の選択を間違ってしまうと、全く光熱費が安くならないのでこれも注意が必要です。

暖房の方法は色々とありますが、冷房はエアコンが唯一の設備機器になります。

冬の寒さが厳しい地域は別として、関東地域などでは導入費用を考えれば夏も冬も両方使えるエアコンで対応するのが賢明です。

寒がりなので床暖房が欲しいという方は長い時間を過ごす、リビングダイニングに補助的に導入するのがオススメです。

全館床暖房をウリにする会社がありますが、床暖房は輻射式のため敷かれた部屋しか暖めることはできません。当然全室に床暖房を敷き詰めることになると導入コストが非常にかかります。(キャンペーンと言ってもそれは坪単価にちゃんと含まれています。)

また床暖房は電源をオンにしてから温まるまで時間が掛かります。かといってずっと付けっぱなしにしていればそれなりに電気代は掛かります。まして全室付けっぱなしと言うことになると相当な電気代になることを覚悟しなくてはなりません。

結局全室に床暖房を入れたは良いが、使っているのはリビングだけ、と言う方が多いようで、それでは何のために多額の費用を払って導入したのかわかりません。

また夏用に当然エアコンが必要ですので、2重に設備代が掛かってしまっているのです。

ランニングコストを抑える秘訣はいかに少ない設備機器で冷暖房できるかにかかっています。どんなに建物の性能が良くても多くの設備機器を使用すれば当然光熱費は安くなりません。

Z空調はエアコン2台で建物1棟隅々まで夏も冬も快適に過ごすことのできる、まさに夢の空調設備です。

たった2台のエアコンでトイレや洗面所まで今の季節なら20度以上をキープできて、これまでと電気代が変わらないのは、何と言ってもアクアフォームで断熱気密した建物の高い省エネ性能(特に気密性能)があるからです。

我々は机上の計算で出された省エネ数値だけでお客様に「当社はエコ住宅です!」と主張しているわけではありません。

実験棟を長野と埼玉に作り、1年間をかけて実証実験を行って、ダイキン社に当社の住宅性能であればエアコン2台で冬も夏も快適に過ごすことができ、かつ電気代もこれまでと変わらないこと立証してもらったのです。

省エネ数値だけで価値を判断するのではなく、温度や光熱費まで実証したデータを示して初めて「真の省エネ住宅」を言えるのではないでしょうか。

これから来年にかけて、Z空調のお引き渡しが数千件になってきます。ご協力いただけるお客様に年間の光熱費データを開示いただいてお伝えしていきたいと考えています。

寒い毎日が続いていますが、今の季節はZ空調の快適さを体感する最も良い季節です。

ヒノキヤグループのZ空調体感モデルへぜひお越しください!

2月にかけて体感モデルが各地にどんどんオープンしていきます!

Z空調体感モデルはこちら

https://pkg.navitime.co.jp/hinokiyajutaku/spot/list?c_d31=1&bc=eNqLVnq2ZM7zLYseN3c8bm5%2B3DxdSUdJKRYAlWYLpA%3D%3D


この記事のトラックバックURL
トラックバック

ヒノキヤグループ 社長ブログ

オン・オフを問わず、考えていること、気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

近藤 昭(株)桧家ホールディングス 代表取締役社長 近藤 昭

1967年兵庫県神戸市生まれ。慶應義塾大学卒業。 大学卒業後、大手生命保険会社や外資系保険会社勤務を経て、 2001年に東日本ニューハウス(現・桧家ホールディングス)に入社。 専務取締役、副社長を経て、2009年に代表取締役社長就任。 2012年に『日経ヴェリタス』が行った「在任期間中に株価を最も 上げた社長のランキング」では、全上場会社中第5位にランクイン。 業界の常識にとらわれず、常に顧客目線で考えることがモットー。 「あらゆる人にエコで快適な住まいを」 提供するために日々奮闘中。

   

Selected entries

Categories

過去記事

Recent trackback

著作本

著作本

Links

 

mobile

qrcode

Search

Others